読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以下斜め読んだ内容

pseudo translation of useful posts, book reviews, remarks,etc. twitter: feeddict

眞木準『胸からジャック』を読んだ

books

タイトル(『胸からジャック』asin:4479792066)の「ジャック」は「惹句」のカナ表記。漢字の字面からは言わんとすることがにじみ出てると思う。

最小最短の文字数で、しかもたった一言で、胸のすくように事象の正鵠を射る。p.10

コピーは表現目的こそ純粋ではないが、表現創意そのものは純粋である。p.10

読んだというより眺めたに近い(章ごとに1ページ文章、あとはチョイスしたコピーに、チョイスした写真を見開きで配置して、1フレーズコメント、という構成)。言葉を扱う仕事をしていることへの内省が窺い知れて面白い。

載ってるコピー一覧(暇なときに書き写した)

  • おいしい生活[糸井重里西武百貨店:1982]
  • 恋を何年、休んでいますか。[眞木準:伊勢丹:1989]
  • 鶯は誰にも媚びずホーホケキョ[仲畑貴志:パルコ:1976]
  • 好きだから、あげる[仲畑貴志:丸井:1980]
  • 女の胸はバストといい、男の胸はハートと呼ぶ[手島誠一:オンワード樫山:1974]
  • 優しさを超えるものがあるとしたら、熱さだ。[::]
  • シアワセはシワとアセでできている。[眞木準:日本サムソン:2003]「サムスン デジタルワールド - サムスンからの手紙」に眞木準が言葉を寄せてる
  • 何も足さない。何も引かない。[西村佳也:サントリー山崎:1990]参考:TCC
  • 僕の前に道はない。僕の後に道はできる。[:多田亮三:]※高村光太郎『道程』からの引用
  • 恋が着せ、愛が脱がせる。[::]
  • 夏はハタチで止まっている。[秋山晶::]
  • 春なのにコスモスみたい。[::]
  • 秋はからだを春。[::]
  • つくりながら、つくろいながら、くつろいでいる[::]
  • 熱き血潮の冷えぬ間に。[::]
  • 薔薇と書けなくてもバラにはなれる。[::]
  • 君のひとみは10000ボルト[::]
  • ロマンチックが、したいなぁ。[::]
  • 男は、体のどっかで、20才。[::]
  • 目的があるから、弾丸は速く飛ぶ。[::]
  • 女性の美しさは都市の一部分です。[::]
  • 飲む時は、ただの人。[::]
  • 笑い声泣き声は、ときどき似ている。[::]
  • あなたのヌードはちゃんとエッチですか。[:児島令子:]
  • 四十才は二度目のハタチ。[::]
  • なぜ年齢をきくの[::]
  • 昨日は、何時間生きていましたか。[::]
  • あんたも発展途上人。[::]
  • 男には、見えない翼があるんだよ。[::]
  • 愛は無断でやってくる。[:眞木準:]
作品によって句読点があったり無かったする。この句点(。)を付ける/付けないの理由があるだろうか。
※作者名、クライアント名、発表年情報をネットから拾って一部追加