読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以下斜め読んだ内容

pseudo translation of useful posts, book reviews, remarks,etc. twitter: feeddict

The Geek「Windows 7 RC版からRTM版へアップグレードする方法 」

斜め読み

How-To Geekのエントリ
2009.10.26更新

  • エントリのネタ元発見
  • しかもネタ元=MSのブログ
  • MSが出所の方法であることが判明。
  • ベータ/RCからRTMへのUPGインストールについて
    • テクニックがとても平易なのはMSが敢えて用意している方法であるから
  • 更に、リリース前のビルドからのUPGインストールのデメリット
    • MSがサポート・想定してないパターンでのUPGインストールで発生する障害・バグは全く治してない

等々の情報もネタ元エントリにには載ってる。
The Geekのエントリの後で、MSブログエントリも斜め読んだ

How to Upgrade the Windows 7 RC to RTM (Final Release)

Windows 7 UltimateWindows 7 Home Premium

公式には無理。だけど抜け道あり
クリーンインストールせずに、Windows 7のRC版からRTM版へアップグレードはできないことになってる。

Please note that “in-place” (or direct) upgrades from the Windows 7 RC to RTM will not be supported. You will be required to do a Custom installation (aka “clean install”).
Update on Windows 7 RTM - Windows 7 Team Blog - The Windows Blog

そのやり方を見つけたので教えるよ、という主旨のエントリ。

以下斜め読んだ内容
  • アップグレードインストールできない原因
    • RTM版インストール時に、今動いてるOSがベータorRC版でないかチェックして、該当すればインストールをブロックする設定になってるから
  • 解決方法
    • Windows 7 DVDに収録の1ファイルを修正するだけ
      • 「cversion.ini」というファイル
          • 「sources」というフォルダに入ってる。
    • cversion.iniをエディタで開く
      • 中身は3行
      • 2行目に「MinClient=7233.0」
        • この行がRTM版をアップグレードインストールできるビルドの最小番号
        • RC版はビルド7100。だからインストールできない
    • cversion.iniをエディタを修正
      • MinClientに、RC版のビルド番号(7100)より小さい数字を指定すればいい。
      • 記事では、7000を指定してる。
      • 7000はベータ版のビルド番号なので、ベータ版も動くはず。
    • 完成
      • あとは、setup.exeをクリック
      • RC版でもアップグレードインストールが選択できるようになる。
    • 懸念事項
      • 「Compatibility Report screen」ウィンドウが表示されたら
        • RC版とRTM版で互換性が無いと指摘されてるプログラム(記事ではVMWare Playerがリストに入ってる)のこと
        • 互換性無いと表示されるけど、実際にはたいてい動くよ、と記事書いてる人
  • 備考
    • RTM版がディスクじゃなくてISOファイルの場合
      • 7zipで解凍しろ
    • ベータ版とRC版は「Ultimate」なので、RTMもUltimate版にしないといけない
    • インストールは超長い
    • 念のためにバックアップ。失敗したらクリーンインストール
  • コメント欄
    • cversion.iniをローカルにコピーしたら、このファイルはもうRead-onlyじゃなくなる。これが新たな問題になるって指摘してる人がいる。
      • どういう問題なのかわかりませんでした。

Delivering a quality upgrade experience

Engineering Windows 7ブログのエントリ
2009年4月のエントリ
How-To Geekのエントリのテクニックのネタ元。
このエントリの後半で、cversion.iniを編集すれば、ベータ版からRC版へアップグレードインストールできるよって書かれてる。
一応「本当に本当に必要な人だけ限定」と念押ししてるけど。
リリース前のビルドから別のビルドへのUPGインストールにはデメリットがあることも指摘されてる

以下斜め読んだ内容。
  • ベータ版の導入のされ方は色々
    • Vistaからベータ版へアップグレードインストールして使ってる人
    • Vistaとは別のパーティションへベータ版をクリーンインストールしてる人
    • ベータ版をメインPCとして使ってる人が数百万人いる
      • 自分が使うアプリもインストール済、カスタマイズ済
      • イコール、当然クリーンインストールには消極的なユーザ
  • RC版を入れるときはアップグレードインストールでという意見大半
  • 7開発者側からベータテスターへの要望
    • windows7が現実の世界で使われるシナリオをできるだけカバーしたい
    • ベータ版をいったんVistaへ戻して、VistaからRC版へアップグレードインストールしてほしい
      • 当然大変な手間が発生(再インストール、再カスタマイズ、再設定、etc..)
  • 7を使うお客のエクスペリエンスに焦点を合わせている。
    • だから現実に起こりうるシナリオであるかどうかが重要
  • MSが考える、アップグレードの現実のシナリオ
    • Vistaから7
    • 発売前のビルド(ベータ版)から発売前の別のビルド(RC版)へのアップグレードというパターンは現実のシナリオには無い
  • コメントを書く前に読んでくれ
    • 「ベータ版からRC版へのUPGが絶対必要な人限定」でやり方を用意してる
    • ベータテスターの方々へお願いしたいこと
      • ベータテスターも7の開発メンバー
      • ベータプログラムへ参加者であり、MSの7の開発チームをヘルプすることがベータプログラムのミッション
        • 現実のシナリオで起こるであろうセットアップを経験してほしい
        • 現実のシナリオで得たデータをMSへフィードバックしてほしい
  • ビルドtoビルドのアップグレードで出るであろうバグや障害は全く治していない
    • 現実の世界で起こりうるシナリオではないから
    • ベータ版からRC版へのUPGインストールでは色々トラブルに見舞われることを覚悟しないといけない
      • 最近見たブログで、流出したビルドでベータ版からUPGインストールして「クソ不安定」と文句言ってる人いた
      • 他にも、プリンタドライバが消えた、メッセンジャーがフリーズ、勝手にショートカットアイコンが複製とか、フォーラム見ると色々被害続出の模様
  • XPから7のUPGは?
    • 現実に起こりうるシナリオなのは確かだが、MSはこのシナリオは除外した
    • XPと7で変更点が多くて、インストール後に、ファイルの移動、設定の修正、アプリの再インストール等の手間が必ず発生。クリーンインストールしないことの代償が大きい
      • XPから7へスムーズへUPGできるような製品にはMSはしなかった(できなかった)ということらしい。
    • 一応できるけど、クリーンインストールと手間が変わらない。トレードオフあり。
  • RC版のインストールでは最初にバージョンチェックしてる
    • ベータ版からのインストールは強制停止される
  • クリーンインストール in 現実のシナリオ
    • Vista環境(必要ならダウングレード)
    • インストール。必要ならプラスで、Windows Easy Transfer
    • 旧OSの情報を移行するためのツール。Windows Easy TransferはVista時代からある設定・ファイル移行ツール
  • ベータ版からRC版へのインストール方法は用意してる
    • 必要な作業があえて簡単になるようにしてる
    • でも、推奨してるインストールをしてフィードバックしてほしい