読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以下斜め読んだ内容

pseudo translation of useful posts, book reviews, remarks,etc. twitter: feeddict

Nick Myers「インタラクティブプロダクトのデザインにこそFireworksを」

斜め読み

Adobeデベロッパーセンターの記事

インタラクティブプロダクトのデザインにこそFireworksを

これもadobeの記事で、fireworksがテーマ。
動きありまくりページの設計をfireworksで統一してる会社Cooperの事例
結構面白い。
動画が見れないが、オリジナル(英語)記事のページで見れる

  • ステート(昔のフレーム)で数十の画面を1ファイル(png)ファイルで管理
  • オブジェクトをシンボルに変換して、画面要素の管理
  • グリッドレイアウトにガイドパネルが役立ちそう
    • 機能拡張だからインストールしないといけない
  • パスパレットの使い方がかなりわかりやすい
    • 特に「ポイントをピクセル単位に丸める」の使って縮小したしてぼやけた画像の修復がすごいわかりやすい
  • webアプリの画面以外にも、UIコントロールがライブラリパレットに入ってる
  • ドキュメント化
  • -

レイヤー機能が無い頃から愛用していたオールマイティのPhotoshopからFireworksに乗り換えることになりました。そのことに懐疑的で心配だったのですが、数週間後には、選択ツールの地獄から解放されたデザイナーへと生まれ変わっていました。

インターフェイスのビヘイビアやいくつかのシナリオに沿って、20〜30の画面をデザインします。Fireworksでは、ステートを使えば、これらの画面群を1つのファイルで管理できるのです(※ステート機能は、 Fireworks CS3までは「フレーム」と呼ばれていました)。

インタラクションデザイナーが完成したシナリオファイルをビジュアルデザイナーに渡す前に、もう1つ大きな仕事があります。それは、「オブジェクトをシンボルへ変換する」作業です。

まず、ビジュアルデザイナーは、ガイドを使ってデザインを設計するためにグリッドを敷きます。ガイドパネル(図6 拡張機能としてダウンロードできます)を使えば、この作業を手早く行えます。

Fireworksをメインのツールとして使っているからと言って、PhotoshopIllustratorを使っていないわけではありません。Fireworksは、基本的に画面デザイン用のアプリケーションです。私は、印刷メディアのデザインにはPhotoshopIllustratorを使っています。Photoshopのコピースタンプツールを使ったフォトレタッチ能力には他にはない優れたものですが、他のレタッチ能力(レベル補正、カーブ、マスク)についてはFireworksの方が管理しやすく、フィルタのおかげもありアンデュも簡単です。

Fireworksのずっと指摘された弱点として「タイプエンジン」がありますが、CS3ではアドビタイプエンジンを実装し弱点を克服しています。